青梅成木台病院

よくある質問 FAQ

よくある質問

みなさまからよくあるご質問と、その回答を掲載しております。
お問い合わせの前に、ぜひこちらをご参照ください。

外来・面会・アクセス

外来は予約制ですか?
外来は予約制ではありません。もの忘れ外来は、予約制をとっております。くわしくは、こちらを参照してください
面会はどのようにしたらよいのですか?
病棟への面会を御希望の方には、来院時に受付にて面会票を御記入のうえ、検温をお願いしております。
面会時間を教えてください。
面会時間は、毎日10:00~17:00です。
面会で、食べ物を持って食べさせてよろしいでしょうか?
当院では、衛生管理上、食べ物の持込はご遠慮させていただいております。
送迎バスの乗り場と時刻表を教えてください。
こちらをご参照ください。
自家用車で行きますが、駐車場はありますか?
当院の駐車場をご利用ください。無料です。
病院の最寄り駅はどこですか?
こちらを参照ください。

検査・入院

心理検査について教えてください。
心理検査は、質問や課題への取り組みから、現在のこころの状態を把握し、個々人の固有な特徴や問題点などを明らかにし、どのような方法で問題解決するのが望ましいかを検討、あるいは提案するために行ないます。
どのような心理検査がありますか?
パーソナリティの特徴を捉えようとするパーソナリティ検査(エゴグラムなど)、発達の特徴を捉えようとする発達検査(WAISなど)、認知機能の特徴を捉えようとする認知機能検査(HDS-Rなど)、およびその他の心理検査を実施致します。
入院したいのですが、どうしたらよいのですか?
まずはお電話でご相談ください。現在かかっている病院、クリニックがある場合は主治医に御相談ください。
入院中は、喫煙できますか?
申し訳ございませんが、当院は、敷地内全面禁煙になっております。入院患者様の喫煙はご遠慮いただいております。
ソーシャルワーカーってなんですか?
当院のソーシャルワーカーは、社会福祉士や精神保健福祉士などの国家資格を有し、治療に必要な情報を患者様や御家族からいただき、病院、患者様、御家族、その他関係機関のパイプ役として、受診及び入院から退院までの社会的、経済的、精神的問題の解決をお手伝いする窓口になります。

認知症疾患医療センター(もの忘れ外来)

認知症に関して、どこに相談すればよいのですか?
お住まいの地域の市区町村役場高齢者福祉関係の担当課、地域包括支援センターなどが相談窓口となっております。
また、かかりつけ医や認知症を専門とする医師に相談することもできます。
当院は東京都の認知症疾患医療センターの1つです。どなたでも御相談できますので、まずは御連絡ください。
認知症を疑われる場合は何科にかかればよいのでしょうか?
かかりつけ医がいる場合は、そちらの医師に相談するとよいでしょう。
専門的な診断を希望する場合は精神科や神経内科などを受診することが一般的です。(認知症専門外来、物忘れ外来などを標榜していることもあります。)
まずは当センターへ御相談ください。
相談はいつでも受付けていますか?
受付日時は、月曜日~金曜日 9:00~17:00
夜間は認知症疾患医療センターによる医療相談は行っておりませんので、御了承ください。
認知症疾患医療センターを受診する際は、予約が必要ですか?
月曜日、水曜日、金曜日9:30~の予約制となっております。
当センターでの診察は、問診や検査、御説明に十分な時間を要するため、原則的に予約制とさせていただいております。
紹介状が無くても認知症疾患医療センターを受診することはできますか?
紹介状が無くても診察は受けられますが、当センターは認知症の鑑別診断を専門で行う機関ですので、継続的な診療はかかりつけ医にお願いしております。
現在かかりつけ医が無い方でも、今後の通院先に関して御相談に応じます。
認知症疾患医療センターの外来ではどのようなことを行うのですか?
認知症の状態に関して、専門医による問診のほか、客観的な根拠として脳の画像検査(CT)、心理検査を行い、更に御家族などから聞き取った生活状況等を考慮して、総合的に判断いたします。
診断や患者様の希望により、近隣の総合病院等で更に詳細な画像検査(MRI、脳血流シンチ)を行う場合もございます。
診察の結果、投薬や入院加療など患者様の状態に応じた治療がなされます。
診察時に医師には何を伝えればよいのですか?
本人の変化の様子や病歴、不安に感じていることなどをありのままに客観的な視点で伝えましょう。本人が話しているときには静かに見守ることも大切です。
受診する前に普段の生活状況、今心配なことや主に困っていること等を時系列に沿ってまとめておいたり、睡眠、食事など本人の様子、状態の変化に留意しておいたりすると、診察をスムーズに進めることにつながります。
相談の内容は秘密が守られますか?
私たち医療従事者には守秘義務が課せられており、患者様や御家族のプライバシーは厳重に守られています。
ただし、センターを利用されて当院から他の医療機関や介護福祉施設等を紹介する場合には、医療的なことから必要と判断された内容に関して、相手方施設へ相談内容を含めた個人情報をお出しすることがあります。
その場合も相手方にも守秘義務が課せられているので、外部一般にプライバシーが漏れることはありません。
なお、このようなケースでは予め患者様に同意を頂いたうえで情報を提供します。