青梅成木台病院

当法人について GROUP

相談支援事業 マロニエ

平成27年1月1日より計画相談業務を開始しました。 障害福祉サービスの利用を検討されているまたは福祉サービスをご利用中の身体・知的・精神に障がいをお持ちの方やそのご家族の方が安心してサービスを利用し、地域生活が送れるよう相談支援専門員がサポートします。

以下の項目であてはまるものはありませんか?

  • 日中過ごす場がほしい、交流出来る仲間が欲しい
  • すぐ就職をして働き続ける自信がない。しばらく支援を受けながら働くことで自信をつけたい
  • 一人暮らしをしたいが体調に波があり家事を行うことに負担を感じる
  • 一人で安心して外出できない
  • 家族が不在の時に障がいを持つ子どもをあずかってもらえる施設を利用したい
  • 発達の気になる子に療育を行うサービスを受けさせたい

相談支援利用の主な流れ

1 相談受付

サービスを利用する場合は、まず『サービス等利用計画』をお住まいの区市町村へ作成・提出する必要があります。ご本人・保護者の方が自分で作成することも可能(セルフプラン)ですが、相談支援事業所の相談支援専門員が依頼を受けて作成いたします。その場合にはお住まいの区市町村へ「計画相談支援・障害児相談給付費支給申請書」及び「計画相談支援・障害児相談支援依頼届出書」の申請が必要です。

2相談事業所との契約

『サービス等利用計画』の作成を依頼した事業所から説明を受け、相談支援事業所との利用契約を結びます。相談支援専門員が自宅等を訪問して、ご本人やご家族の希望やこれからの暮らしなどについて直接お話をうかがい、まず『サービス等利用計画(案)』を作成し、市町村に提出します。

3サービス担当者会議への参加

相談支援専門員が『サービス等利用計画(案)』にもとづいて、利用できる福祉サービス事業所や暮らしを応援してくれる人たちを集めて会議を開くので、ご本人やご家族の希望も話してください。(会議は必要に応じて数回開催されることもあります)

4サービス利用事業所との契約

相談支援専門員が『サービス等利用計画』を作成後ご本人やご家族が利用する事業所と契約をし、サービスの利用がはじまります。

5サービス利用開始とモニタリング

『サービス等利用計画』と受給者証にもとづいて、相談支援専門員が定期的にサービスの利用状況や本人の生活環境について面談し把握(モニタリング)いたします。サービスの変更を希望される場合はご相談ください。
※「相談支援利用の主な流れ」は一例です。

相談は無料です。秘密は守られます。
相談支援専門員がご利用者によりそい、共に歩みます。

開所日

9:30〜17:00

第2・4

休業日

土・日・祝祭日・年末年始(12月30日〜1月3日)

maronie_tel

アクセス

事業概要

名称相談支援事業 マロニエ
サービス内容サービス等利用計画の作成やサービス事業者・市町村等との連絡調整を行います。また、支給決定されたサービスの利用状況の検証(モニタリング)を行い、サービス事業者との連携をはかります。
業務種別障がい者(児)相談支援業務
☆特定相談支援事業(1132600311)
☆障害児相談支援事業(1172600072)
所在地埼玉県飯能市東町6-4 和田ビル2F
電話042-978-9991
FAX042-978-9617
最寄駅西武池袋線「飯能駅」・JR八高線「東飯能駅」より徒歩5分