なりきのひろば NO.20 | 青梅成木台病院

青梅成木台病院

病院からのお知らせ INFORMATION

なりきのひろば NO.20

なりきのひろば 2018.01.11

理事長より新年の挨拶

新年あけましておめでとうございます。
今年2018年は明治維新から150周年にあたります。来年2019年5月には今上天皇(明仁天皇)が退位し、現在の皇太子が新天皇に即位することが決定されており、今年が平成最後の年となります。明治・大正・昭和・平成と年号が変わり、昭和、平成を生きてきた旧世代の日本人にとっては感慨深いものといえます。
当法人は、平成8年12月1日に精神科を中心とする青梅成木台病院を開設し、平成30年1月現在、270床の同院を中心に
「あいクリニック(飯能市内)」、精神障がい者のグループホーム「キロロハイツ」「ブルーシャトー」、相談支援事業所「マロニエ」、東京都の事業である「地域拠点型認知症疾患医療センター」を受託運営しております。
最近の我が国の精神科病院は、病棟機能別の運営や地域精神医療への転換、長期在院者の地域移行と精神科救急への対応、認知症者へのBPSD(行動・心理的障害)の対応と在宅支援、アウトリーチ等が重要となっています。当院でも外来・入院患者の高齢化が進行してきており精神科医療の場において認知症合併症の治療が大きな課題となってきております。
昨年には新病棟「総合診療棟」を開設し、1階を外来部門、2階を急性期治療病棟、3階を精神科一般病棟(身体合併症対応)とし、病室の半数を個室として、プライバシーに配慮した構成としました。将来的には24時間の精神科救急の受入れを目標に、医療機器の付帯設備を整備し人員体制の充実を目指して運営していく予定です。
2018年の念頭に当たり、良心会職員一同は地域及び関係機関の皆様にご支援を賜り、これまで以上に当法人に関わる皆様の期待に沿うよう努力していく所存です。今後もご指導ご鞭撻宜しくお願いします。

平成30年 正月元旦
医療法人財団良心会/理事長 小林暉佳

看護部長 就任の挨拶

新年あけましておめでとうございます。平成29年8月より看護部長になりました鈴木俊也と申します。
私は、生まれも育ちもここ青梅市です。看護師として自分の家族や友人はもちろんですが、この地域の方々に貢献するため、これまでに様々な診療科の病院で勤務してきました。縁あって、当院に入職して平成29年8月より看護部長を務めることとなり現在に至ります。当院は精神科であり、私が勤め始めた平成14年頃は、今より外来患者数も少なく、入院中の患者さんは、近隣の方よりも23区内など遠方にお住いの方が大多数でした。
しかし、平成24年12月、東京都から西多摩医療圏の地域拠点型認知症疾患医療センターを受託したころより認知症のもの忘れ外来、一般病院や施設などからの紹介を通じて、この地域の方と接する機会が増えているように感じています。統計上では、今後も高齢者が増加していくので、皆様の求めに応えられるようにベストを尽くしていきます。ただ、誰もが病院の世話になりたくないと思うことも事実です。「どうしても病院に行かなければならない時には、青梅成木台病院が良い」と思ってもらえるような病院でありたいと考えています。
当院の看護部理念は、「私達は、皆様の不安が和らぐために存在します」です。患者さん本人、ご家族をはじめとしたその人を支えるすべての方々は、病気の治療や入院に際して様々な不安を抱えています。その気持ちを受け止め、寄り添い、皆様が自ら不安を乗り越えていただけるように援助していきたいと思います。今後とも良心会 青梅成木台病院をどうぞよろしくお願いいたします。

お役立ち情報

今回はテレビやインターネットでよく話題となっている、
今話題の栄養素を管理栄養士がわかりやすく解説!

監修
管理栄養士/小野里 渉

『オメガ3系脂肪酸』

1脂肪酸とは

中性脂肪を構成している材料の一つであり、糖質と同様に身体を動かす主なエネルギー源です。安静にしている時には一番優先して使われています。通常脂肪酸は人間の体内で作られますが、体内で作れないものがあります。それを「必須脂肪酸」といいます。体内で作られない必須脂肪酸は食事から摂取する方法が一般的で、テレビやインターネットなどでは必須脂肪酸を多く含む食品が多数紹介されています。欠乏してしまうと成長発育障害・皮膚病変能低下に繋がる恐れがあります。

2
オメガ3系脂肪酸

必須脂肪酸はオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の2つに分けられます。今回は「オメガ3系脂肪酸」について説明します。オメガ3系脂肪酸はEPA・DHA(炎症を抑え、体内の酸化を抑える物質)の基になり、日本人はその変換効率が他の人種に比べて低いとされています。EPA・DHAを多く含んでいる代表的な食品は魚になり、心臓疾患(心筋梗塞など)のリスクを下げる効果があることが報告されています。今話題の「アマニ油」はEPA・DHAの基になる「オメガ3系脂肪酸」が多く含まれているので注目されているのです。

3気分障害とオメガ3系脂肪酸の関係


ここまでに、オメガ3系脂肪酸は体の中で変換されて、EPA・DHAになり、それが心臓疾患のリスクを下げる効果があると説明してきましたが、最近の研究で気分障害にも効果があることが少しずつ分かってきました。オメガ3系脂肪酸を摂取することで脳内の神経伝達物質の移動をスムーズにし、気分障害の発症を予防できる可能性が出てきました。

 

4摂取量の目安

米国精神医学会は「週に2回以上魚を摂取すること」や「気分障害患者は1日1g以上のEPA・DHAを摂取すること」を推奨しています。日本の精神疾患分野ではガイドラインは制定されていませんが、厚生労働省が発表している食事摂取基準ではEPA・DHAを1日1g以上摂取することが推奨されるようになりました。この量を守ることで気分障害を含めた疾患予防に有効なことが考えられています。脂肪酸という響きから取りすぎは良くないと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、様々な疾患予防に有効なものですので、目安量以上の摂取をお勧めします。

小林理事長「厚生労働大臣表彰」を受賞

当法人理事長である小林暉佳が、「第65回精神保健福祉全国大会における精神保健福祉事業功労者に対する厚生労働大臣表彰」を受賞しました。平成29年10月20日(金)滋賀県大津市にあるびわ湖大津プリンスホテルコンベンションホールにて、受賞式がおこなわれました。

居宅介護・訪問介護事業所「団栗」閉鎖のお知らせ


このたび当法人では、平成20年11月より開設しておりました、「訪問介護事業 団栗」を、平成29年9月30日をもって、閉鎖することと致しました。皆様の長年に亘るご厚情に心から感謝申し上げますと共に、突然の閉鎖でご迷惑をお掛け致します事を深くお詫び申し上げます。

認知症医療疾患センターからのお知らせ

平成30年度 1月~3月の予定

2月18日(日)

かかりつけ医認知症研修会

場所:羽村市生涯学習センターゆとろぎ

2月20日(火)

第3回 認知症医療・介護連携協議会

場所:羽村市生涯学習センターゆとろぎ

3月22日(木)

認知症介護実践リーダー層研修会

場所:青梅市福祉センター

職員アンケート

青梅成木台病院で働いている人は、何県出身の人が多いですか?

1位:東京都  2位:埼玉県  3位:新潟県  4位:北海道・千葉県・神奈川県・長野県
やはり病院の所在地である東京都が一番多く、県境である埼玉県出身の人も多く働いています。全国津々浦々の方が働いていますが、なぜか関西地方出身の人が一人もいませんでした…。関西地方出身の方、ぜひ当院初の関西出身者になりませんか。

編集後記

年が明けました。昨年は病院の建設や引っ越しなど、当院にとって大きな変革のある年でした。
今年は、戌年です。戌は″社会性があり忠実な動物として昔から人との付き合いも古く親しみ深い″とのことです。当院も、地域の皆さまから親しみやすい病院を目指し、今年も情報発信やサービス提供をしていきたいと思います。今年のなりきのひろばの発行も楽しみにしてください☆(作業療法士N)