青梅成木台病院

診療のご案内 SERVICE

認知症疾患医療センター(もの忘れ外来)

認知症疾患医療センターからのお知らせ

一覧を見る
2017.11.15認知症疾患医療センター
センターだより第2号
2017.10.02認知症疾患医療センター
センターだより創刊
2017.03.21認知症疾患医療センター
市民公開講座「なじみの居場所づくり~認知症カフェをふやそう~」が開催されました
2017.02.28認知症疾患医療センター
認知症医療・介護連携協議会を開催いたしました
2017.02.21認知症疾患医療センター
平成28年度かかりつけ医認知症研修を開催いたしました

認知症疾患医療センターとは

認知症をお持ちのご本人・ご家族が地域で安心して生活が出来るように、地域の介護・保健福祉関係機関と連携して、治療や介護についてお手伝いしていきます。

認知症疾患医療センターの役割

認知症疾患医療センター

対象:青梅市・福生市・羽村市・あきる野市・瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町にお住まいの方

利用の手順

1相談

ご本人の状況の分かる方がお電話でご相談ください。(ご本人、ご家族、医療機関、介護関係者など)相談員(保健師・精神保健福祉士)がお話をお聞きします。

センター予約状況


◎予約受付中  △要問合せ  ×空きなし

※予約状況が変更となっている可能性がございますので、詳しくはお電話にてお問い合わせください。月曜~金曜(祝日を除く) 午前9時~午後5時 ※受診は完全予約制です

2受診

※認知症外来の受診は完全予約制です。外来担当医はこちら
精神科医による診察、頭部CT、心理検査などによる診断を行います。
必要時には提携病院にてMRI、SPECTなどの検査を行います。
受診の際には、出来るだけご本人の状況が分かる方のお付き添いをお願いいたします。

持ち物

保険証・お薬手帳・介護保険証・かかりつけ医療機関がある方は紹介状

受診の流れ

1受付にて「問診票」を記入

2医師による診察

3各種検査

採血・採尿・心電図・心理検査・レントゲン・CTなど(その他、詳しい検査が必要な場合には、協力医療機関で、別の日に検査を受けていただく場合があります。)

4診察結果

結果がでるまでには、数日~数週間かかる場合があります。結果が揃い次第、改めてご来院いただき、結果をお伝えいたします。

5今後の治療などの確認

ご紹介いただいた医療機関の先生宛てにお返事を作成いたします。通院治療が必要な場合は、通院先についてもご相談を承ります。また、必要に応じて、地域の保健福祉、介護関係者と連携して、治療や介護について、一緒に考えていきます。

担当医表(予約制)

午前 斉藤 松原 佐藤

医師の変更がある場合がございますので予めご了承ください。

もの忘れと認知症の違いとは?

ひとつの出来事そっくり忘れてしまうのが「認知症」です。

もの忘れは夕飯に何を食べたかをすぐに思い出せないのですが、認知症は、「夕飯を食べたことすべて」を忘れてしまいます。そのため、さっき夕飯を食べたのに、そのことすべてを忘れて、「ご飯はまだ?」と聞いたりします。

加齢によるもの忘れ

・出来事の一部を忘れる
・忘れたことを自覚している
・ヒントを言われると気づく

認知症

・出来事すべてを忘れる
・忘れたことを自覚していない
・ヒントを言われても気づかない

早く受診することのメリット

早く病院を受診して認知症とわかることで、ご本人やご家族の不安や混乱を解消し、今後の生活の備えをすることができます。

btn_ninchisyo_01

btn_ninchisyo_02

関連リンク

当センターは、青梅市の認知症早期発見・早期診断推進事業に参加しております。