青梅成木台病院

診療のご案内 SERVICE

精神科外来

利用の手順

1相談(受診前に御相談がある方)

専門相談員(精神保健福祉士)が、電話・面接相談を随時受け付けております。

医療相談室バナー

2受診

健康保険証お薬手帳をお持ちください。

②受診日当日は、受付に初診であることを伝え、問診表に記載していただきます。

③呼び出しがあるまで待合でお待ちください。

④当日の外来担当医が診察をいたします。

⑤診察後、採血、心理、画像検査等が必要な場合は看護スタッフがお声がけいたします。

⑥終了後は会計のお呼び出しがあるまで待合でお待ちください。

⑦受付で会計を済ませます。

⑧処方薬について

診療時間のお知らせ

診療曜日

月曜日~金曜日(祭日を除く)

診療時間

9:30~11:30(木曜のみ 10:00~)/ 13:00~16:30
※正面玄関の開錠は、防犯の観点から、9:00としております。9:00以前は、入館できませんのでご注意ください。

精神科外来 担当医表のご案内

午前 益子
小原
高橋
副院長
小林
理事長
齊藤院長
※10:00~
福田
岩井
※10:00~
午後 齊藤院長
小原
益子 松原 齊藤院長
福田
岩井

受付時間 9:00~11:30 13:00~16:00
診療時間 9:30~12:00 13:00~16:30

※ 木曜日の齊藤院長の外来は、午前10時からとなります。
 金曜日の岩井医師の外来は、午前10時からとなります。

こころの病気について

1統合失調症

自分の考えや感情がまとまらなくなり、バランスを崩した状態と言われております。主な症状としては幻覚や妄想と呼ばれる症状が一般的です。また、発症にともなって今まで出来ていた社会的な活動が困難になります。原因は現在まで特定されておらず、脳の機能に問題があると言われています。発症は100人に1人と言われていて、決して稀な疾患ではありません。発症は思春期から青年期に多いと言われています。
詳しい症状や治療法を読む

2うつ病

気分の障害、落ち込み、抑うつ気分が主となる病気です。「心の風邪」と表現されることもあり、多くの人がかかる可能性のある病気です。
うつ病による気分の落ち込みにははっきりした原因がなく、すべてが面白くなくなる、周囲のものや出来事を生き生きと感じられないなど喜怒哀楽の感情が薄れてしまいます。
身体的な症状も見られ、よく見られるのは夜中に何度も目が覚めたり、早朝に目が覚めてしまったりする「睡眠障害」や「食欲の低下」です。食欲が低下すると何もしなくても体重が数kg痩せてしまうこともあります。
詳しい症状や治療法を読む